Hari-bote

西荻窪にある古いマンションの一室のリノベーションです。

くたびれた内装を取り払うと、精度の悪いコンクリートの躯体が姿を現し、一挙に45年前にタイムスリップしたかのような感覚を覚えました。躯体と仕上げの狭間には、まるですべてがストップしたかのような、時間に束縛されない自由さがあったのです。

更新が必要な水廻りのみをしっかりと作り込み、あとはその自由な空間を残しました。躯体と仕上げの狭間に入り込んでみたのです。通常、マンションの内装はいわゆるハリボテなのですが、その裏側を垣間見せる事で新たな住空間が生まれる気がしました。

DATA
所在地:東京都杉並区
主要用途:共同住宅(一室)
規模
階数:地上3階建ての1階
延床面積:28.42㎡
構造・構法:鉄筋コンクリート造

設計:タスエス
施工:城西デザインラボ
撮影:平井広行

category: WORKS