世田谷LOFT

敷地は、もともとあった大きな土地が約20区画に分割されたうちの一つです。当然、均等に区画されているので、特性が見えてきません。地下、スキップフロア、3階建て…自体がおぼろげな中で、とにかくあらゆる可能性を探りたいというオーダーへの回答から、設計はスタートした。

その中で一貫していたのは、旗竿敷地の通路部分から西側隣家の駐車スペースへのL字状の“抜け”に沿って大きな開口を設けるという事。最終的に、その大きな開口だけが浮かび上がるよう、建物は極めてシンプルな構成に落ち着いた。

プライベートゾーン(個室、水廻り)、パブリックゾーン(LDK)、屋上(もう一つのリビング)3つの要素が積み重なっただけの大らかな構成である。

加えて、キーワードとして挙げられていた”LOFT”を意識した、ラフな仕上げを全体に施している。剥き出しにされた梁は、あえてプレーナー加工はしない…壁のペンキは自分たちで塗る…(白ではない所も面白い)下地のパテ処理は控えめに…

最初に様々なスタディをしていたのが嘘かのように、至極シンプルでザックリとしたこの家は、この地にずっと前から存在していたような、そんな佇まいである。

スタディの積み重ねによって施主の要望が徐々にフォーカスしていき、最終的にできあがった家は、今後も起こりうる様々な変化(ライフスタイル、趣味)に対応する、そしてその中でも強度を失わない”下地”となった。

 

DATA
所在地:東京都世田谷区
主要用途:専用住宅
家族構成:夫婦+子供1人
規模
階数:地上2階
敷地面積:104.92㎡
建築面積:51.13㎡(建蔽率 48.74%)
延床面積:103.76㎡(容積率 98.90%)
構造・構法:木造

設計監理:タスエス
プロデュース:NK注文住宅コンシェルジュ
施工:住棟

category: WORKS